女性スタッフ

専門業者へ依頼して被害を防ぐ|シロアリ駆除で暮らしの安全を守ろう

駆除の流れや需要

考える女の人

まずは追い出しや捕獲から

建物におけるハクビシン駆除は、建物の内部からのハクビシンの追い出し、または捕獲からおこなわれます。追い出しには、煙や強い匂いを発する薬剤などが使われることが一般的です。そして捕獲には、罠が使われることが多いですが、なかなか捕獲できない場合には、空気銃が使われることもあります。そして追い出しや捕獲により建物からハクビシンがいなくなれば、今度はハクビシンが入り込んでいた場所の消毒がおこなわれます。消毒しておかなければ、そこからダニやウジが繁殖する可能性があるからです。消毒後は、ハクビシンの再度の侵入を防ぐために、侵入に使われていた場所が封鎖されます。このようにハクビシン駆除により、ハクビシンによる被害は生じなくなりますし、被害の痕跡もなくなるのです。

急増するハクビシン

ハクビシンによる被害件数は、近年になって急増してきています。なぜなら、ハクビシンの本来の住処となる野山が減っているからです。それに伴い、ハクビシンの食料も減ってきているので、そのためハクビシンは、人間の食べ物をあさるようになったのです。人間の食べ物によってたっぷりと栄養補給をし、建物の内部で外敵に襲われることなく暖かく過ごすことで、ハクビシンの数は増えています。そしてそれによって、被害件数が増しているわけです。そのためハクビシン駆除の需要もまた、高まってきています。しかも先述したように、ハクビシン駆除では再度の被害を防止する対策までしっかりとおこなわれます。その丁寧な作業が、需要を一層高めているのです。