女性スタッフ

専門業者へ依頼して被害を防ぐ|シロアリ駆除で暮らしの安全を守ろう

ハクビシンに対策など

笑顔の女性

ハクビシンの生態

住宅を荒らしたりして人を悩まされる害獣としてハクビシンがいます。中国だけでなく現在は日本でもその数が増えており、その被害にあっている方も多いです。体長はしっぽの長さを入れると70cm〜90cmほどで、体重は5キロにも満たない小柄な生き物となっています。特に農作物の中では果実が好きということもあり、果樹園などではその存在に怯えている農家の方もいるのが現状です。また、運動能力も高く夜行性というのもその存在が恐れられている理由の一つとなっています。住宅の屋根裏などに巣を作ることもありますし、夜中の人が見ていない時間帯を狙って農作物を荒らす動物となっています。ちなみに臭いなども独特で厄介者扱いされる理由です。

対策は業者を使う

そして、そのハクビシンに困っている方はハクビシン駆除業者を使うと、ハクビシン駆除をして、農作物の被害などを抑えることが出来るようになります。ハクビシン駆除業者は上記のハクビシンの生態などを知っていて、ハクビシン自体を駆除してくれるだけでなく、再発しないように侵入経路を塞いでくれたり、巣を作らないように寝所を塞ぐと言った施工をしてくれます。専用の捕獲機で捕獲をしてくれるので、人体に影響のある薬剤などを使わずに安全な方法でハクビシン駆除をしてくれるのも魅力です。また、場合によってはフェンスで侵入経路を塞ぐ工事もしてくれますので、ハクビシンを徹底的に駆除して、その対策をしたい方には最適となってきます。